20160718栃木県

2016/7/18

(c2b619-1足利市)母衣輪神社のイチョウ
(c2b620-1足利市)母衣輪神社のクスノキ
お祭りの準備中。イチョウは、鳥居入ってすぐ左手。楠は参道の途中右手。イチョウは、一本タイプで良く葉が繁っている。楠は根元が一部悪くなっているが、勢い盛ん。

(c2b611-1足利市)八雲神社のイチョウ
織姫神社の隣の神社。大通沿いなので、窮屈そう。株だちではないが、何本かがまとまった形。

(c2b622-1足利市)禅定院のカヤ
ものすごくゴッツイ支柱で支えられている。案内板も支柱に隠れて、見えにくい。火災にあったらしく、背は高いが、余り繁っていない。

(c2b610-1足利市)八幡宮のクロマツ
銅の鳥居のところ。昔は夫婦で二本あっとのこと。風前の灯火。一本ある枝も葉が枯れている。松食い虫か。

(c2b609-1足利市)ニホンカワモズク自生地
お祭り中。本殿の裏手の弘法の池。新種とは、言えニホンとは、豪勢なネーミングである。

 

前の記事

201501004栃木県

次の記事

20151106栃木県