20151106栃木県

2015/11/6

(c2b924-1那須塩原市)前弥六のツバキ
三角公園になっていて、その中央部にポツンとある。植え替えたらしいがよく根付いている。案内板側からは、朝日で逆光なので後から撮影。

(c2b923-1那須塩原市)一本杉(いっぽんすぎ)
綺麗に整備された駅前通りを西に進む。手前のお店が3階館なので近づくまで見えず、もしやと思ったがありました。小さな祠があり、車道の三角洲になっている。昔は、平原だったそうで、よく落雷に合わなかったもんだ。

(c2b926-1那須塩原市)宗源寺のエドヒガンザクラ
鐘楼門をくぐって、というより、境内が駐車場に浸食されているので、駐車場の右手にある。市内唯一のエドヒガンとのこと。樹の向かいには、大きな地蔵と風車がたくさん御供えされたシュールな空間がある。

(c2b925-1那須塩原市)大山参道のモミジ並木
残念ながら紅葉には、早く、緑のトンネル。一部、樹の上部が紅くなりかけているところもあった。道を挟んだ反対側が杉の参道になっている。

(c2a304-1さくら市)大公孫樹
山門入って右手というか、山門に覆い被さっている。ちょうど黄色くなつて、他の樹木を圧倒している。雄のようで銀杏は、落ちていない。11月14日に大銀杏祭があるらしい。

(c2b903-1那須烏山市)高瀬のカヤの木
手前に銀杏の生ったイチョウがあり足の踏み場がない。太い榧だが中に洞があり焦げている。落雷か。この季節どうしてもイチョウが目立ってしまう。

 

前の記事

20160718栃木県

次の記事

20180804栃木県