c120190616茨城県

2019/6/16
(c1b001-1常陸大宮市)杉(志殿杉)
事前の調査で分からなかった。市のHPで漠然とした位置はわかっていたが。何か所か探したところ、太い杉が木立の間から見えたので、北側の車道に回り込んでみると、
切り開かれ芝の植わった崖の上に、杉の巨木が、道がないが、運動靴でも登れるくらいの斜面なので、登ってみると、納屋の後ろに出て、根元に案内板。勝手に入ってしまった格好になった。
[x1c110-1解除]大榎
ストリートビューでは、まだ幹が残っていたので、車道から近づいてみると、切り株になっていた。切り株というか、朽ちてしまったといった感じ。犬が吠え続けるので、長居は無用。
(c1b002-1常陸大宮市)鹿子の木
立派な看板と案内柱があるが、巨木、老木を想像していたので、一瞬ではわからない。神社の石段を登って左手をみると、バンビの模様の木が見える。
(c1b004-1常陸大宮市)吉岡の榧
ホームページでは椎となっているが、案内板も、樹も明らかに榧。お寺だと思っていたら、個人宅のようだが、裏まで周り込めるので根元の案内板を撮影。ミニショベルカーが入っていてお墓の整備をしているようだ。
(c1b005-1常陸大宮市)江畔寺のイチョウ
よく掃き清められた立派なお寺の本堂の目の前。下の駐車場からは、急な石段を登っていく。晴れているので、樹に絞りを合わせると空が真っ白になってしまう。あきらめていたが、帰り際に川を渡って対岸から撮影したら、ジオラマのようにお寺全体とイチョウが撮影できた。
(c1b003-1常陸大宮市)鹿嶋神社の大杉
県道から入っていくと、セレナでぎりぎりの舗装道路、反対側に抜けられるのがわかっていたので、勇気を出して入っていった。鳥居の横、根元にお地蔵さん。道側の枝が折れて半分だけの樹形になっている。杉の根元でなんとか、車を回転して、脱出。

前の記事

e420190608静岡県

次の記事

c520190621東京都