20150601愛知県

2015/6/1
(e5f402-1刈谷市)シイ
最初裏の駐車場から行こうとした。塀越しにも見える大木。山門側にまわって入ると、右手。二本に別れていて、鉄の棒で、支えられている。伊勢湾台風でダメージを受けたとのこと。案内板は道から参道の門口。駅名にもなっている富士松は、もっと南にあったそうだがこれも伊勢湾台風で枯れたそうである。関ヶ原の合戦の曰くがあるので、生き残っていたら、天然記念物だったかも。

(e5d902-1知立市)トネリコ
本殿向かって左の水盤の後ろ、案内板はあるが、分かりにくい。二本に別れていて、一本は、かなり水平のため、石の柱で支えられている。

(e5d903-1知立市)大イチョウ(総持寺跡大イチョウ)
枝が短く、ショボくなっている。一本タイプ。案内板は車道をくぐる、歩行者用地下道の入口の脇。個人宅の塀の中だが、脇道に自由に入れるため、撮影可能。

(e5e101-1豊田市)挙母神社の樟
本殿に向かって右手の参道脇。朝の掃除の時間で多数で参道を浄めている。背の高い楠。本殿後ろに常緑の老樹があるが、これは、ご神木か。

(e5e102-1豊田市)若宮神社の樟
名鉄線の高架脇。綺麗にはききよめられている。案内板は駅方面からは、反対を向いている。少し斜めっているが、ドッシリとした印象。

(e5d904-1知立市)知立マツ並木
地下道まで東海道の標識。国道1号の旧道側に松並木。昔は、馬の市があったそうだ。

 

前の記事

20160918愛知県

次の記事

20150531愛知県