20150922群馬県

2015/9/22

(c3b103-1中之条町)林昌寺のシダレザクラ
ストラップをした団体が街中を多数うろちょろ。ボランティアによる案内のようだ。山門を入って急な石段を上ったすぐ左手。垂れ桜でも背の高いすくッとした樹形。本堂側から撮影すると逆光なので石段下から撮影、葉が光って花が咲いているように見える。

[c30127-1県]中之条高校のラクウショウ
正門前の看板の矢印が逆さま、校舎に沿って東側を彷徨。部活の男の子に聞くと、最初は、ラクウショウ?なので、樹、天然記念物と言うと、体育館の方を示してくれた。素直に駐車場の目の前あった。筋ばった一本樹。

(c3b105-1中之条町)町田家のシイ
裏のスーパーの駐車場側から行くと塀越しに見える。塀から覗き混むと案内塔が見えるので、表通り側に回り込む。個人宅なので、門のそとから撮影。

(c3b104-1中之条町)清見寺の境内木
本堂後ろと墓地の所に、けや木の大木多数。中之条の市街から川に向かって急激に下る途中。

(c3b102-1中之条町)伊勢宮の境内木
杉の大木多数。鳥居と案内板は、旧道の方に向かっているので、国道バイパスから登っていくと、なに神社か分からない始末。

【k10334-1国】原町の大ケヤキ
国道分岐の三角地帯。幹は大きな洞が入り、枝も一本のみで生存、風前の灯火だが残った枝は、葉を着けていた。

【k10335-1国】川原湯岩脈(臥龍岩および昇龍岩)
駅は、付け替えが終わって、綺麗になっている。出口反対側から川に向かって降りるみちがあるはずだか、ダンプカーが通っていて工事中のようである。地図を確認すると、個人宅の横から細い道があった。誰ともすれ違いわないし車も通らない。廃村のようだ。降りきったところで対岸に渡る橋にバリケードが設置されている。ここまできたらよじ登って突発。旧国道は、すでに閉鎖、バス停も廃墟。シルバーウィーク真っ只中なのにひとっこひとりいない、不気味。かろうじて、道脇の国指定天然記念物の案内板が名残。ダムができると水没してしまう。岩なので樹と違って移設できない、もっとも水没しても岩は、岩か。ダム完成が二年後なので余裕をこいていたが、早めに来てよかった。来年には、侵入できなかったかも。帰り際、駅からちょっと下がった所に標高586mの看板、ここまで水没か。

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

20130621群馬県

次の記事

20160731群馬県