20170225栃木県

2017/2/25

[c20125-1]金剛定寺のカヤ
山門の横。覆い被さるような、おおきさで幹がすらっとしている。

(c2a112-1宇都宮市)広琳寺のしだれざくら
境内は低い壁で囲まれている。鐘楼の横。太い幹の枝垂れ桜である。

(c2a103-1宇都宮市)クロコムラサキ及びその生息地
緑地の中。鬼怒川の土手の横で、駐車場に向かうところの横に案内板があり。案内板が柱から落ちていて、よく探さないと見つからない。

(c2a102-1宇都宮市)竹下町のオオバボダイジュ
(c2a106-1宇都宮市)ヒイラギ ヒイラギとオオバボダイジュは道を挟んで向かい合っている。

(c2a119-1宇都宮市)上籠谷のフジ
個人宅だが、案内板の矢印があるので、わかる。花と葉がないので冬の葡萄棚の様である。

 

 

 

前の記事

20131006栃木県

次の記事

20180107栃木県